京都の通訳ガイドEriの小話

”大切な人を大切な場所へ”をモットーに地元京都で通訳案内士をやっています。ツアーで出会った愛すべきお客様達とのエピソードや、改めて感じた京都、日本の魅力を綴っています。

シリーズ:京都インバウンドの現場から

Guestの日本への興味度合い 〜シリーズ:京都インバウンドの現場から〜

ガイドの現場に出る前、プライベートガイドを付けるお客様というのは、既に日本や文化に興味があって、更に深く知りたいからガイドを雇うのでは、と思っていた。 が、現実はちょっと違っていた。 あくまで、私が関わっているお客様という前提になるがプライ…

ホテルのお迎えで感じた事

お客様のお迎えで、いわゆる高級外資系ホテルに行く事が多いのですが その際に感じた事。 Aホテルは、有名な高級ホテルで施設設備は恐らく京都で一番。 中で働くスタッフの方も、なんともシュッとしていて 皆さん英語ペラペラで堪能。 朝、お客様を見かける…

Guestが京都で一番喜ぶ場所はどこか 〜シリーズ:京都インバウンドの現場から〜

私の場合プライベートツアーを専門としていますが、当日のツアー内容は大きく2種類。①あらかじめ旅行会社が設定した行程 ②事前にguestとやりとして、相談して決めた行程 最近は、直接予約のお客様が増えて②のケースが多い。 その際にguestからリクエストと…

パースの謎  〜シリーズ:京都インバウンドの現場から〜

丸一日から数日、お客様と一緒に過ごす通訳ガイドの現場、そこは統計データやリサーチでは見えてこない、外国人目線の現場ネタの宝庫です。 ですが、多くのガイド(私も)はフリーランスでツアーごとに受託して働いているケースが多い為、大きな問題やリスク…