京都の通訳ガイドEriの小話

”大切な人を大切な場所へ”をモットーに地元京都で通訳案内士をやっています。ツアーで出会った愛すべきお客様達とのエピソードや、改めて感じた京都、日本の魅力を綴っています。

朝のお迎え

フィリピンから3世代ファミリーのツアー。

朝のお迎えに宿へ。

最近流行のAirB&Bで、いわゆる住宅街の中の一軒家。

ちょっと早めに到着してしまったため、待つ場所もなく朝から住宅街を怪しげにうろつく私。

そろそろ時間かな、と思い、”ピンポーン”とチャイムを鳴らす。

返事無し。何度か鳴らすがやっぱり返事無し。

しょうがないので、”Good Morning〜!!"と言いながら家の扉をあけると

奥様:あー、ごめんごめん。バタバタしてて出れなかった

あれ?まだ準備できてなさそうな予感。

奥様:どうぞ、どうぞ中に入って〜

と言われて、まるでお家にお邪魔するように中に入っていくと居間にファミリー勢揃い。

おばあさま:あら、やだ、お化粧見られちゃった。でも綺麗にしとかないとね。

と良いながらファンデを塗りこむ。

だんな様:Hi! おはよう。よろしくね!

って、めっちゃパソコンで仕事しているけど、出発できます?

あれ、子供たちは、、?と思うと

奥様:まだシャワー浴びてるのよ

え?

奥様:あ、それとこちらが父です。

おじいさま:おはよう、どうぞよろしく。

ゆったりとした物腰、、、もそのはず足があまり良くなく、そして目もほとんど見えないとのこと。。

え、、今から、結構なウォーキングツアー大丈夫なのか。。

 

不安な滑り出し。

しかも10分後に来る、20分に1回しかこないバスに何とか乗りたい。

おしゃべり好きの奥様が、あそこと、ここと、ここも行きたいわぁ、、と地図を見ながら色々話しかけてくるけど、

 

というか、皆さん全然準備できてませんやん、、、

 

私:実は金閣寺行きのバスが10分後に出るので、それに乗りたいんです。。。けど無理ですよね。。そうなると20分後になるのですが、、、

奥様:えー!!そうなの!そりゃ大変!みんな急いで〜!!

え?それ目指す?目指しちゃう?

とにかく母の号令がかかり、バタバタのバタバタ。

おじい様はおばあ様と共に、先にスタート。少しでも距離を進んでおいて頂きつつ、準備しながらもバシバシくる奥様の質問を打ち返しながら、子供のカバンを探したり、行きたくなーい、という娘をなだめたり、あれ鍵がないよ〜、とマイペースなご主人の鍵を探したりしながら、息子の髪はビショビショなまま、なんとか出発。そしてバスに乗車!

っふ〜。良かった良かったと皆でハイタッチ。

こうしてドタバタのツアーがスタートしたのでした。

f:id:kyototravel:20160721120956p:plain

 

次に続く、、