京都の通訳ガイドEriの小話

”大切な人を大切な場所へ”をモットーに地元京都で通訳案内士をやっています。ツアーで出会った愛すべきお客様達とのエピソードや、改めて感じた京都、日本の魅力を綴っています。

ガイドが見たクロアチアとスロベニア②

前記事はこちら↓

ガイドが見たクロアチアとスロベニア① 

 

基本的に観光地や街中の案内の看板は、

英語、ドイツ語、イタリア語、クロアチア語 or スロベニア語の4カ国表示。アジア言語は無し。

自国の言語表記が無いと、あまりwelcomeされている印象がない、と言っていたゲストの言葉を思い出した。確かにアジア人はメインターゲットではないんだなぁと少し寂しい気もした。

スルーガイドはいなくて、各都市ガイド制。FITもグループも見かけた。グループは日本と同じく年齢高めのグループが多い印象。

ホテルの掲示板に、ガイドが自分でツアー内容、料金、連絡先を掲示しているケースも多かった。ガイド付き観光が日本よりも、もっとカジュアルに利用されている印象。
観光名所での看板説明はほとんどなく、基本的にガイドが説明するシステム。

日本人らしく!?、都市を転々と観光するので、最初は感動したレンガ屋根の町並みも、どこでも似たような景色なので、だんだんとごっちゃになってくるが、都市ごとのガイドさんの印象と紐づく事で何とか、それぞれの街を覚えていられた。

 

 

f:id:kyototravel:20170824184423j:plain

美しい、美しすぎる!完璧な景色。@Trogir

 

f:id:kyototravel:20170824184436j:plain

そしてまた魚、、。いくら名物でも似た料理が続くと飽きてくる。

 

f:id:kyototravel:20170824184452j:plain

人気のガイドさん。最初にKONNICHIWA!と挨拶をしてくれて、一瞬で私たちの心を掴んだ。@Plitvice

 

f:id:kyototravel:20170824184509j:plain

雨の国立公園。雨で残念ですが、、と何度も言われたが、初めて来たからこの景色が見れて大満足なのだ。

 

f:id:kyototravel:20170824184530j:plain

雨なのでマイナスイオン大量発生♥️ 悪天候をどうポジティブに伝えるかは大事だと感じながらウォーキング。

 

次に続く。